働く女のモチベーション術

独身OLが働く上での資産運用と読書と旅行と自転車

明日への活力!働く女性を元気にしてくれる映画 5選

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ

今日も仕事で疲れた!人間関係も疲れた!明日も仕事!
いろいろあって気持ちをリセットしたいときありますよね。
そんな時、明日の仕事への活力をもらえる映画を選びました。

マイインターン

ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、ファッションサイトを経営・管理する会社のCEOとして充実した日々を過ごしていた。仕事と家庭を両立するパーフェクトな女性像そのものの彼女はまさに勝ち組だったが、ある日、試練が訪れる。同じころ、シニアインターンとして、40歳も年上のベン(ロバート・デ・ニーロ)がジュールズの会社に来ることになり……。

アパレルECサイトを経営する主人公のもとにシニアインターンがくるというもの。
このシニアインターンロバート・デ・ニーロの気遣いが素晴らしい。
汚れた机の上を片付ける、上司が帰るまで待機する、、、かなり当たり前のことをこんなシニアの方がやってくれるなんて。若手もそういうことを積極的にやらねばなりませんね。
人の信用を得るには日々の誠実な働き方が必要なんだと感じました。親身になること。人に優しくなれるお話です。

最強のふたり

大金持ちの豪腕実業家(ジャック・ニコルソン)と、勤勉実直な自動車修理工(モーガン・フリーマン)。一見接点のない二人が、ガン病棟の一室で出会った。余命を宣告された時、彼らが作ったもの――それは棺おけリスト。棺おけに入る前にやっておきたいことを記したそのリストを携え、二人は生涯最後の冒険旅行に出掛ける。スカイダイビング? チェック。憧れのスーパーカーでレーストラックをぶっ飛ばす? チェック。ピラミッド見物? チェック。人生の喜びを味わい尽くす? チェック!リストがひとつずつ実現していく中、望むものは何でも手に入れてきた男が、本当にほしかったものとは?家族のために夢をあきらめ続けてきた男が、最後に見つけた幸せとは?

人とのかかわり方を考えさせられる作品です。
余命が短くても旅をすることも友人を作ることもできる。
今できることってたくさんあるんだな、と仕事漬けで視野が狭くなってるときに気づきを与えてくれる作品です。


プラダを着た悪魔

アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを志しNYにやって来る。オシャレに関心のない彼女は、無謀にも一流ファッション誌ランウェイの面接を受ける。編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のジュニア・アシスタントの仕事を手に入れるのだが、翌朝から24時間公私の区別なく携帯が鳴り続ける悪夢の日々が始まった。

これまたアンハサウェイ映画。彼女は働く頑張る女子の代表格ですね。
パーティで主人公がさまざまな人のリストを上司に紹介していく姿は気持ちがいい。
仕事ができるってこういうこと。爽快ながらも自分の道を切り開くストーリー。

ターミナル

クーデターによって祖国が消滅してしまったヨーロッパのクラコウジア人、ビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)は、アメリカの空港にて足止めを余儀なくされる。その足止めの期間は数か月にもおよび……。

言葉も通じない場所で、空港に閉じ込められてしまう話。
主人公の人柄の良さが凄く伝わります。
空港で働いている人達からも好意的に受け入れられて友人も増えていくとこは気持ちがあたたかくなります。
私も英語できないんですが、仕事上できればよいとされててもあきらめてしまって。
言葉がわからなくても人に優しくすることや、諦めずに頑張ることは大事ですね!

千と千尋の神隠し

10歳の女の子、千尋は、無愛想でちょっとだるそうな、典型的な現代っ子。 両親とともに車で引っ越し先の家へと向かう途中に、いつの間にか迷い込んだ「不思議の町」。町の屋台にあった料理を勝手に食べた両親は、豚に姿をかえられてしまう。ひとりぼっちになってしまった千尋は、「千尋」という名を奪われ「千」と呼ばれながら、生き残るためにその町を支配する強欲な魔女・湯婆婆の下で働き始める。湯屋とは、この日本に棲むいろんな神様やお化けが疲れと傷を癒しに通うお風呂屋さんのこと。そこで、千尋は怪しい神様やお化けに交じって生まれて初めて懸命に働く。ハクや河の神などと出会い、様々な経験とふれあいを重ねるうちに、千尋は徐々に成長していく。何重にも守られて育つ現代の子どもたちが、突然ひとりぼっちになったら?はたして千尋は元の世界に帰れるのか…?


働かないと豚になってしまうのですよ。
新入社員のときは仕事もらえてありがたいと思えてたのに、
いつの間にかプライドが高くなって仕事の選り好みをするようになった私です。
このアニメは働く人にとってもかなり為になる内容だと思います。


↓是非ポチッとお願いします。励みになります。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ