働く女のモチベーション術

独身OLが働く上での資産運用と読書と旅行と自転車

銀行ではじめて資産運用の相談をしてみた

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ


GW明け。
バキバキな仕事開始となりました。
昨日とおとといの登山とロードバイクの疲れがとれません・・・。
足がそうとうきてます。

ol34.hatenablog.com

ol34.hatenablog.com




今日は会社帰りに新生銀行に行き、資産運用の相談をしてみました。
はじめての相談!

f:id:ol34:20170420172905j:plain

NISA・投資信託・外貨なんでも興味あります

と言ったら、パンフレットを見ながら簡単な説明を聞きました。


NISA

NISAにはNISA口座と特定口座(と一般口座)の2つがありますと言われました。

特定口座・一般口座では分配金と売却益に対して課税されるが、
NISA口座なら分配金と売却益に対する税率が0%


NISAのデメリット:損益通算ができない

NISA口座での損失は税務上ないものとみなされるため、損益通算・繰越控除はできない。


具体的な計算

下記は銀行ではあんまり教えてくれませんでした。

【通常】
特定口座の A銘柄 で 10万円の利益
特定口座の B銘柄 で 5万円の損失
特定口座の C銘柄 で 3万円の損失


税金の対象になる年間の利益は 10万円 - (5万+3万) = 2万円の利益
税金は … 2万円 × 20% = 4000円(税金)
損益通算して利益が圧縮され 年間利益10万円にかかる税金は4000円になる。



【NISAの場合】
特定口座の A銘柄 で 10万円の利益
NISA口座の B銘柄 で 5万円の損失
特定口座の C銘柄 で 3万円の損失

特定口座における税金の対象になる年間の利益は 10万円 - 3万円 = 7万円の利益
NISA口座における損失は課税されません
税金は … 7万円 × 20% = 14000円(税金)

特定口座内の利益や損失は損益通算が出来るが、NISA口座の損失は損益通算されない。
NISA口座内の5万円分の損失分は対象とならず税金は14000円となる。


自分なりの計算でしたが、あってるのかな。

損失があった場合、NISAの方が損ですよね。


とりあえず、大体知ってる説明であった。
まあ、勉強どおりということでOK。

外貨為替

担当者は外貨の方が話しやすそうだったけどいまいち頭に残らなかった。
これは勉強が足りていないからでしょう。


銀行での適合性確認

ちょっとためしにやってみようかな、という話になると、
銀行法金融商品取引法等が定める適合性の原則にもとづき、
客の目標やリスクに対するお考えなどを確認してリスク許容度を算出するんだそうです。
アンケートを行って、診断されました。

以下の金融商品について、ご投資の経験と知識はありますか?

・外貨定期預金
・仕組預金
MMF・短期公社債投信
・株式投信
国債・公社債
・株式
・外国証券
・変額年金/保険
・外貨建て年金/保険
・仕組債



ほとんどわかりません!

結果判定:リスクスコア3

→リスクスコア3は投資信託で債権などはできるが、株式はできないとのこと。

なるほど。勉強します。


国内債権ファンドについてちらっと聞いて帰りました。

ここについてはもう少し勉強しないとブログにかけなさそうです。
勉強しないと投資はできない。


銀行に資産運用相談して分かったこと

イメージ的に銀行は色々商品をおすすめしてくるものだと考えてました。

しかし、信用にもつながるのか、知識がない人にはあまりおすすめしないようです。


なるほど。
私は勉強するのみだと思い知りました!
外貨よく分からなかったし。
行って見てよかったです。


↓その他のマネー関連記事はこちらです。
ol34.hatenablog.com

ol34.hatenablog.com



↓ぜひぜひポチッとお願いします。ブログを頑張れる仕組みです。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ