働く女のモチベーション術

独身OLが働く上での資産運用と読書と旅行と自転車

新橋「新正堂」の切腹最中と浅野内匠頭終焉之地。

今週のお題「おやつ」

珍しく仕事で外出がありまして、新橋界隈に行ってきました。
暑い中の外出はきついですね。


仕事を終え、帰りに会社の人に頼まれてたのが新正堂の切腹最中。
最近謝る時とかに人気のお菓子だそうです。

グルメブログにするつもりはないのですが、最近食べてばっかです。


f:id:ol34:20170519201059j:plain
新正堂
東京都港区新橋4-27-2
新橋駅から徒歩10分くらい
[月~金] 9:00~20:00
[土] 9:00~17:00
日曜・祝日(8月は土曜・日曜・祝日)



なぜ、切腹最中なのか。
なんと、それはここが浅野内匠頭切腹をした終焉の地なのだそうです。
なに!?
この前泉岳寺いったばかりですよ。


とりあえず写真を。
会社用へのお土産に箱入りと自分用にも買いました。

f:id:ol34:20170519201209j:plain

自分用はバッグに入れてしまい、家に帰ったら割れてしまっていた!あああ。
あんこがこれまたぎっしり入っていて、中に餅も入っています。
本来はこんなぺしゃんこになっておりません。
私の持ち運び方が悪かっただけです。
味はすごくおいしいです。
最中とあんこが上品です。


使い方としては、何か失敗を犯してしまったときに、
お詫びの気持ちをつたえながら差し出すのがサラリーマンの流行のようです。
商品の発案は三代目店主だそうで、なかなかの名案ですよね。
家族には大変反対されたそうです。


f:id:ol34:20170519201605j:plain

こちらが浅野内匠頭終焉之地の石碑。
お店からちょっとまっすぐ行って突き当たりにあります。
元禄14年3月14日、江戸城の松の廊下で殺傷事件沙汰を起こした浅野内匠頭が事件後田村邸に預けられ、将軍綱吉の命により、その日のうちに切腹した場所。
かなりひっそりとしているのでたぶん誰も気づきません。


ここだったのか~。
即日切腹って本当に厳しいな・・・。
1年半後の元禄15年12月14日、赤穂浪士は討ち入りを果たすわけです。


切腹最中ってもしかしたらけしからんという人もいるかもしれませんが、
この商品がなければ私はここの場所も知らなかったので、
そういう意味では歴史にも興味を持てるお菓子ではないかと思います。
それにとっても美味しいので、おすすめです。

お店のお姉さんも対応が丁寧で、買った後「お気をつけていってらっしゃいませ」と送り出してくれます。
気持ちの良いお店でした。


↓前回書いたばかりのの泉岳寺の記事はこちら。
ol34.hatenablog.com




↓ぜひ、ポチッとお願いします。頑張れます!
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ